2018年5月21日月曜日

白鶴美術館で幡垂飾を拝見  Visited Hakutsuru Fine Art Museum to see Bansuishoku


白鶴美術館 (Wikipediaより)
Hakutsuru Fine Art Museum (from Wikipedia)

さわやかな5月になりました。神戸御影にある白鶴美術館が所蔵する法隆寺の幡垂飾が展示されると聞き、クテ打ちのグループ3人で出かけました。東京博物館にある法隆寺献納物の幡垂飾とよく似ています。お目当ての幡垂飾には、「几帳飾」という題がついていました。

第一印象は、組紐より金銅の鈴金具が立派で目立っている、という感じでした。写真で見るよりは糸が細く、全体に緩んでほどけそうでした。鈴金具は組紐の幅の両端と真ん中に留め具で固定してあるものもありました。これだけぶら下げられると、痛むのも早いだろうなと思いました。

几帳飾りの隣に展示してあったのは、神護寺伝来の平安時代に作られた経帙でした。10巻のお経をまとめておく、すだれのようなもので、平組の組紐がついています。とても細い糸をぼかし染めにした糸が使われているようでした。紐の幅中央に、クテ打ちで平組をしたときに出る縦の筋がはっきり見えました。奈良博物館にも神護寺の経帙がありますので、こちらを参考にしてください。

幡垂飾を組んでいて、いつも本物を見てみたいと思っていたのが実現してうれしかったです。しかし、年月とともに、美しかったものも色あせ、ほどけ、退化していくという現実も見ました。物はいつかは失われるからこそ、それを作る技術はしっかり伝えていかなければならないということを、実感した次第です。

One pleasant day in May, together with my Kuteuchi group friends, I went to Hakutsuru Fine Art Museum to see Bansuishoku that originally belonged to Horyuji temple.  Their Bansuishoku is similar to the one that is currently kept in Tokyo National Museum.  At Hakutsuru Fine Art Museum it was exhibited under the title of “decoration for a portable multi-paneled silk partition

My first impression was that the gilt bronze bells are more dominant than the kumihimo.  The threads are thinner than those we see in photos.  As a whole, braiding is loose and almost ready to fall apart.  Bells are attached on both sides of the braid, and some are attached in the middle of the braid.  With so many metal bells hanging, the braid would wear out quickly, I thought.

Next to the partition decoration, there was “Kyochitsu”, a sutra wrapper made with fine bamboo splits twined with silk threads.  The wrapper was made in Heian period (794 to 1185) and used to belong to Jingoji temple in Kyoto.  Ten sutra scrolls were wrapped with this wrapper and a Hiragumi braid is attached to tie around the wrapper.  The threads looked very fine and ombre dyed.  In the middle of the braid, I could see clearly a vertical line which is typically seen in Kuteuchi braids.  Nara National Museum also has the wrapper from Jingoji temple.

While braiding Bansuishoku, I always wanted to see the original ones.  I am very happy that my dream has come true.  But, at the same time I learned the fact that as time goes by, even beautiful treasures lose their vivid colors, get loose and deteriorate.  Things do not last forever, they are to be lost some day.  That is why the techniques to make these beautiful things have to be handed down through generations.

2018年5月16日水曜日

平組または一間組 Hiragumi or Ikkengumi


一間組は、操作ループが他のループを1本ずつ上下に越して組む方法ですが、これを2ループずつ越すと二間組になり、3ループずつ越すと三間組になります。越すループ数が多いほど、紐の幅は狭くなり、厚みが増します。だから、必要な厚みと幅に合わせて越すループ数を変えることで、希望通りの紐ができあがります。初期設定の配色の仕方で、さまざまなパターンを楽しむことができます。

3パターンとも単色ループ11本で、初期設定は次の通りです。
   〇〇〇◎◎◎◍◍◍◍◍

組み方は、ビデオをご覧ください。



写真の上から2番目の紐では、白と黄色の糸は、両端に留まり、中央まで移動していません。また、緑は中央に留まったままです。このやり方を次のビデオでご覧下さい。




写真の一番下の紐は、上の2つの方法を交互に繰り返しました。このように糸の移動を上手く制御することで、パターンの可能性がさらに広がります。




Ikkengumi means that an operating loop goes over and under other loops one by one.  When the operating loop goes over 2 loops and under 2 loops, it is called Nikengumi.  If it is over 3 and 3, it is Sankengumi.*  The more loops the operating loop goes over and under, the narrower and thicker the braid becomes.  That means, by changing the number of loops to go over and under, we can make a braid of exact width and thickness we want.  By changing the color arrangements, we can enjoy various patterns.
    
       * 1=ichi,  2=ni,  3=san  

I used 11 single color loops and the initial color arrangement is as follow:
   〇〇〇◎◎◎◍◍◍◍◍

Please see the video to know more about how to braid Ikkengumi. 



In the second top braid in the photo, the white and yellow threads stay on both sides while the green ones remain in the center.  I will show you how to do this in the next video.



The bottom braid in the photo is made by alternating the two patterns. By controlling the movements of thread using this technique, we can have even more variations of patterns.

2018年4月20日金曜日

縄連組、山形文、矢羽文、二条軸一間組、ささなみ組 Joren-gumi, chevron, sasanami



いろいろの名前がついていますが、木下雅子先生は、「2方向斜行縄連組織平一枚組紐」、あるいは略して「2方向斜行縄連組織組紐」と呼んでおられます。私はさらに略して、「縄連組」と呼ばせていただきます。

法隆寺献納宝物のにも付いていて、その幡の様式から7世紀後半から8世紀前半に作られた、と特定できるそうです(「日本の美術1 No.308 組紐」)。正倉院にもあります。聖徳太子が剣を吊るしておられる帯も、この組み方だと思われます。

ループを半回転させ、その中に別のループが通ります。しっかりとしたものができます。剣を吊っても大丈夫ですから、バッグの持ち手に最適です。

組み方をビデオで説明します。


ビデオでは、一番外側のループを中央に持ってきてから、全てのループを中央に向けて半回転させていました。反対に、中央のループを外側に持ってきてから、全てのループを中央に向けて半回転させると、矢羽の向きが反対になります。これを組み合わせると、唐組 (または幡垂飾)になります。

写真の一番上のものは、山が2つできました。2人で組んで、内側のループを交換します。これを私は、休め台を使って1人で組みました。2,3年前に組んだもので、組み目も乱れていますし、左半分で、黄色と緑の糸を取り違えている部分が見えます。この頃はまだ、「解いてやり直す」ということをしていませんでした。


These braids have many names.  Masako Kinosita calles it 「2方向斜行縄連組織平一枚組紐」 or 「2方向斜行縄連組織組紐」 for short.  I make it much shorter and call it Joren-gumi.
Joren-gumi can be found attached to a Ban from Horyuji Dedication Treasure and can be identified as being made between mid 7th century and mid 8th century (「日本の美術 (Art in Japan) 1 No.308 組紐 (Kumihimo)」.  It is also included in treasures from Shosoin.  The belt Prince Shotoku is wearing in his famous portrait to suspend the sword is perhaps Joren-gumi.

You half-turn all the loops and a loop goes through them.  The braid is so sturdy that you can hang a sword.  Ideal for handles of a bag.

I show you how to braid Joren-gumi in the video.

In the video, I bring the outmost loops to the center and I half-turn all the loops inward.  If you bring the center loops to outmost and half-turn all the loops inward, you can get chevrons up-side-down.  By combining the two techniques, you can make Bansuishoku or Karakumi.

The top wide braid has two ridges.  Duet braiders exchange the inner loops.  I did it solo using the Kute Rest Stand.  I braided this one a few years ago, and you can see a mistake in the left part involving a yellow and green threads.  At that time, I did not know to “undo and redo” yet.

2018年4月7日土曜日

80ループ幡垂飾 80-loop Bansuishoku



今の私にとって、幡垂飾の長さの限界は105cmです。次は幅の限界を知ろうと、80ループに挑みました。

今回の糸の長さはやりやすい65cm、使用した糸は、昨年56ループの幡垂飾を作った時の残りのハマナカのアプリコと、コットンクイーンの水色、赤3本取りです。ループの数が多いので、糸が絡まないよう、下準備は慎重に、特に足糸を取り付ける作業は、やり直しをしなくて済むように心がけました。 


組み始めてみると、作業はそれほど大変ではありませんが、数段前に間違いを発見したりすると、解くのが大掛かりでした。糸は左右にダイナミックに動くので、間違えたところだけを解きたいのに、かなり遠い所まで戻ってやり直さなければなりませんでした。おかげで、糸の動きがよく分かりました。いつも思うのですが、組み方をよく知るには、解き方ややり直し方も熟知しなければなりません。順調に進むのは誰でもできますが、間違えた時に対処して、目立たないように素早く修復するには、熟練が必要です。勉強になります。 


アップで見ていただくと、萌黄色の糸がXに交差するときに、緩んでいるのが分かります。これが私の課題です。きつく締めているのですが、2,3段組むと緩んできます。これを解消するいいアイデアがあれば、教えていただきたいです。


The longest Bansuishoku I can braid currently is 105cm.  I want to know my limit of width.  So I challenged 80 loops. 

I used the left-over of Hamanaka Aprico from last April that I made 56-loop Bansuishoku with, and Cotton Queen light blue and red.  Since I was dealing with so many loops, I tried to be very careful.  Especially I decided to “do it right the first time” when I attached threads to foot-threads. 


Once I started braiding, the work itself was not so different from 56-loop.  Only when I found a mistake a few rows earlier, undoing job was much heavier than 56-loop.  Threads move so dynamically to right and to left, that I had to undo the parts far-away from my mistaken part.  That was a good lesson.  I could understand how threads move, dive and reappear.  As always, you have to be able to undo mistakes in order to fully understand braiding.  Anyone can braid, but you need experience and knowledge to find and correct your mistakes.  It is a good lesson of life. 


If you look at the photo closely, you will notice that the light green thread is loose when it makes X cross.  That is my problem.  I tighten it very hard, but after a few rows, it becomes loose.  I would appreciate it if anyone could tell me how to solve this.

2018年3月14日水曜日

奈良国立博物館公開講座「官人の腰帯」 Open Lecture “Waist Belts of Ancient Government Officials“ at Nara National Museum


「腰帯」という言葉に引かれて、公開講座へ行って来ました。大阪歴史博物館で見たこの光景では、官人が組紐の腰帯をしていました。もしかして組紐の話かなと思ったのですが、残念ながら、主に革のベルトに、金属や石を取り付けた帯の話でした。でもお話自体は面白かったですよ。

難波宮の時代や持統天皇の時代には、官人も綺帯(組紐の帯)をしていたが、『扶桑略記』には、慶雲4年(707年)には「天下始用革帯」という表現があり、この頃から、官人は革に金属片をつけた腰帯をするようになったそうです。革の部分はほとんど残っていませんが、金属片や、後の平安時代に用いられた石の片はよく出土するそうです。資料として、養老律令(757年)の第19条衣服令全14条の中から、礼服(らいぶく)の帯として、皇太子は白い帯、親王、諸王、諸臣は絛(くみ)の帯(組糸の帯)を着用すること、朝服として上位の役人は金銀で装飾した腰帯、下位の役人は烏油(おそらく黒漆)腰帯を着用するように、という部分をコピーしていただきました。組紐は位の高い人が身に付けるものだったのです。

正倉院には、聖武天皇が着用されたであろう御帯が残っています。もぐらの革にサイの角で作った飾りをつけたものと、夜光貝で作った飾りのついたものです。

養老律令に服装のことが書いてあるなら、日本書紀にも何かあるかな、と検索してみると、ありました。持統4年(648年)4月の条の朝服に関するところで、「上下通用綺帯・白袴」。すなわち、身分の上下を通じて、綺帯(カムハタノオビ=組紐の帯)と白袴を用いなさいということだそうです。この頃は官人も綺帯をしていたのですね。それが、60年後には、革の帯になったのは、革の方が強いという実用の面からか、絹が貴重になってきたのか、私にはわかりません。ちなみに、平安時代に銅などの金属片から石片に変わっていったのは、銅を貨幣に使うために必要になったからだそうです。

予想とは少し外れた講座でしたが、組紐が礼服として養老律令や日本書紀に記載されていることが分かりました。しかも新しい漢字、「綺帯」と「絛」を覚えました。

Attracted by the word “Waist Belts” I went to attend the Open Lecture “Waist Belts of Ancient Government Officials“ held at Nara National Museum.  Since I remember seeing this (photo) at Osaka History Museum and the government officials were wearing Kumihimo belts, I expected to listen about Kumihimo, but the fact was that it was about belts, mainly made of leather, with metal or stone ornaments.  The lecture itself was interesting.

During the period of Naniwa (present Osaka) Palace (mid-7th century) and the reign of Jito Regnant Empress (late 7th century), government officials wore Kumihimo belts, but according to an old history book called “Fuso Ryakki”, around 707 government officials started wearing leather belts with metal ornaments.  The leather parts are usually decayed, but many metal and stone ornaments (used later during the Heian Period) have been excavated.  We were given a copy of extracts from Yoro Code (757) the 19th article Dress Code.  It says for formal dress on special occasions, Heir to the Throne should wear a white belt, Princes, Lords and high-ranking officials should wear Kumihimo belts.  As a service dress, mid-ranking officials should wear a belt with gold and silver color ornaments, and low-ranking officials should wear a leather belt coated with black Japanese lacquer.  So, Kumihimo was allowed only to noble people!

At the treasure house of Shoso-In, belts which Emperor Shomu must have used are preserved.  One is a belt made with mole leather with ornaments made with rhinoceros hornsThe other one is ornamented with night-glow shell fish.

If Yoro Code mentions anything about Dress Code, there must be something written about dress code in “The Chronicles of Japan”, I thought.  Then I googled and found.  In the article of April 648, it touched on court dress code.  It said, “regardless of their ranking, everyone should wear a Kumihimo belt and white Hakama (formal men’s divided skirt) at the court”.  So at the mid- 7th century, government officials used wear Kumihimo belts too.  Some 60 years later, they started wearing leather belts.  Was that because leather is stronger and durable, or because silk was valuable?  I do not know.  By the way, the reason why metal ornaments were replaced by stone ornaments in Heian Period was that copper and other metals were needed to mint coins.

The lecture was a little out of my focus, but I learned that Kumihimo is mentioned in Yoro Code and the Chronicles of Japan.  Plus, I learned two new Chinese characters 「綺帯」 and 「絛」 meaning Kumihimo!

2018年2月28日水曜日

1メートルの幡垂飾でショルダーバッグ 1 meter Bansuishoku for a shoulder bag

長い幡垂飾に挑戦しようと、140cmの糸を用意しました。半分の70cmにクテと足糸をつけると、92cm。 近視の私には、92cm先の組み目がよく見えません。何度か失敗して、なんとか数段組みました。編み物もそうですが、最初が難しいですね。あとは割合上手く進みました。最後まで組んで、反対側を始めるのも苦労でした。糸をピンと張らないと正しく組まれているのか解らないが、ピンと張るには遠くから引っ張らなければならず、そこからは組み目がよく見えない、という状況です。片手で糸を遠くへひっぱりつつ、組み目を覗き込む、それを左右繰り返す、という動作が続きます。手足のよい体操になりました。

20ループで組んで、仕上がりは長さ105cm、幅22mmになりました。コットンキングを使用しました。 



できあがった紐を、ショルダーバッグにつけました。昨年のNHK「すてきにハンドメイド」のテキストにあった型紙を使って、裂き織と、ヤフオクで買った帯地をあわせ仕立てました。テキストでは口が開かないようにスナップをつけていましたが、私は紐を垂らすようにしてみました。こちらは10ループのAADDです。 





幡垂飾は、どんな配色にしても格調高くて素敵です。




For my next challenge to braid a long Bansuishoku, I prepared 140cm-long Cotton King threads.  Folded in half, added Kute and Foot Thread, the total length is 92cm.  With my short-sighted eyes, I could not see the braided parts clearly.  After some failures, I managed to braid several rows.  Like knitting, the starting part is the most difficult.  The rest went well.  When I finished the first half, I turned the braid upside down and started the other half.  Again, it was not easy.  You have to keep the threads tight to check the braided parts, but to tighten the thread you have to be away from the braided parts, and you cannot see very well.  While pulling away the threads with one hand, I checked the braided part closely, and do the same on the other side.  I repeated these movements.  It was a good hand and feet exercise. 


I used 20 loops.  The finished braid was 105cm long and 22mm wide. 



I attached the finished Bansuishoku to a shoulder bag which I made using a pattern I found in a textbook of NHK “Sutekini Handmade” from last year.  The material is Sakiori I made some years ago and Obi (kimono sash) material.  Instead of a snap fastener at the top of inside, I used another braid, 10-loop AADD.


Bansuishoku is always elegant and beautiful with any color combinations.



2018年2月17日土曜日

改良した道具で久しぶりの幡垂飾 Bansuishoku again using improved tools




懸案の道具の改良をしました。クテの数が多くなると、手で持ちきれなくなります。そこで、作業しないクテを休めておく台があればということで、1年半ほど前に、ホームセンターで探し回って、ようやく見つけたのが、タオル掛けです。これに合う丸い木の棒を買って来て、かまぼこ板に取り付けました。それをスタンドに取り付けたいのですが、何かないかと、父の作業小屋をあさってみると、父が夜も盆栽の手入れができるようにと使っていた電気スタンドの台がありました。これにかまぼこ板をクランプで取り付ければ、完璧です。 




スタンドのホコリや汚れをきれいにしていて気づいたのですが、これを他でも見たことがあるのです。ようやく思い出したのが、洋裁用のボディです。ボディの部分を取り外すと、まるで双子のように同じ形をしていました。

昨年はこの2つのクテ休め台を使って、幡垂飾を組みました。問題は、スタンドの円盤にクランプで取り付けている部分が小さいため、時々外れてしまうことでした。それで、今回、新しいかまぼこ板に丸い穴を開けて、スタンドのポールを通すことで、しっかりと安定させることにしました。丸い穴を開けるのが大変でしたが、いくつか失敗して、なんとかでき上がりました。




できあがった物を眺めて、また思い出したのが、カメラの三脚です。昔買った簡単な三脚を出してみると、うまい具合に、クテを掛けてくださいと言わんばかりに、ハンドルが付いています。ハンドルの手元が太くて、その先が細くなっているのが難点ですが、持ち運びも簡単だから、仲間と作業をするときに持っていけます。こうして眺めてみると、役に立つ道具が身近にあるものだなと、感心しました。



改良した道具を使ってさっそく、幡垂飾のサンプルを作りました。しっかりした組み方なので、バッグの持ち手や、夏のワンピースのベルトにいいかなと思います。



Finally I managed to improve my Kute Rest Stand.  When you have too many Kute to hold in your hands, you may want to deposit some of them somewhere.  About one and a half years ago, I visited a home center and looked for a suitable tool until I found a pair of towel hanger parts.  With a matching wooden rod, and a plate of Kamaboko*, I made a Kute Rest. 
What I needed next was a stand.  I looked around in my late father’s shed, and found a lamp stand which he used when he trimmed Bonsai in the evening.  I attached my Kute Rest to this stand with a cramp. 

* Kamaboko is a steamed fish paste which is often attached to a wooden plate.



While I was cleaning the old stand, I noticed that I had seen something like this before.  I finally remembered.  It was a body I use for dressmaking.  After removing the body part, I found almost the same stand as the one I already found.  They were almost twins. 

Using these Kute Rest Stands, I braided Bansuishoku last Aril.  The problem was that the connecting parts were too small that sometimes the Rest fell off.  I decided to make a hole in the wooden plate through which the stand pole can go so that the plate becomes stable.  Making a hole was not an easy task for me.  After sacrificing several Kamaboko plates, I finally made two plates with a more-or-less round hole.




I was admiring my finished work when I recalled a tripod for a camera.  I dug out my old tripod.  It has a nice handle as if it is inviting Kute to be suspended.  Ideally the handle should be of the same thickness, but never mind.  It is foldable and easy to carry.  I can take it in my bag when my team gets together to work.  Looking around, I realized anew that I am surrounded by very useful tools once I look for it.




As a trial of the newly improved tool, I made samples of Bansuishoku.  It is a sturdy and beautiful pattern, good for bag handles and a belt for a summer dress.