2017年6月17日土曜日

クテの作り方  How to make Kute



太さ3mm程度の紐を用意します。写真の上は、白い木綿の撚り紐、下は紺のポリエステルの組紐です。素材は何でも良いのですが、柔らかい紐よりは、硬めのしっかりした紐が適しています。
クテの長さは約25cm、両端の輪になっている部分は約6cmですから、クテ1本につき、約37cmの紐が必要です。まずは、8本作りましょう。必要になれば今後増やして行きます。
両端の輪を作ります。紐の端6cmを折り曲げ、針に糸を通して紐に1針刺し、あとは何回もぐるぐると、短い紐の端が見えないくらいにしっかり巻きます。太い糸で数回巻くよりは、細い糸で何回も巻く方が、しっかりと綺麗に仕上がります。
輪を両端に作ってできあがりです。
We need a 3mm thick string.  The top white one is a twisted cotton string and the bottom is a dark blue braided string.  The material can be anything, but rather than a soft string, a thick and sturdy one is more suitable.
Kute is 25cm long and the loops at both ends are 6cm long, thus we need a 37cm string per Kute.  To start with, we make 8 Kute.  We can always make more whenever we make wider braids.
Now we make loops at both ends.  Fold the string at 6cm from the end.  Make a stich through the strings and coil around the strings with the thread many times so that the end of the short string does not show.  To make strong and nice coils, I recommend that you coil many times with a fine thread rather than a few times with a thick thread.
Make another loop at the other end.  Now we have a nice Kute.

2017年5月29日月曜日

クテ打ち技法による法隆寺幡垂飾模作 Horyuji Bansuishoku using Kute technique


法隆寺に伝わる幡垂飾を真似て作りました。幡垂飾は現在は三の丸尚蔵館に何本か収納されています。本物は絹の強撚糸で組まれており、幅5.5センチ、長さは長いもので135センチもあるそうです。両端にはV字型の金具が付いていて、とても立派なものです。

私はまだ絹糸の扱いに慣れていないので、市販のコットンの編み糸を使いました。赤い方が4.5センチ×84センチ、白い方が4.5×90です。56本のクテを使って、長さの中心から両端に向かって組んでいます。一人で組むには、今のところ、90センチが限界です。

木下雅子先生の「日本組紐古代技法の研究」pp.108-110を参考にしました。




56本のクテを操るのも骨が折れました。半分ずつ休ませておく台を手作りしたので、少し楽になりました。また、クテとコットン糸との間に、足糸と呼ぶ糸を付けて、例えば赤が4本並ぶときには、青の濃淡の足糸を濃い順につけて、組む糸の順番を間違えないようにしました。

赤い方で言うと、黄色が交差する部分が緩み勝ちになるので、力いっぱい引っ張りましたが、それでも緩んでいます。赤の後で白い方を組んだのですが、こちらは慣れてきたためか、緩みが少なくなりました。中央から組んで、反対側を組み始めるのも、つなぎ目が分からないように、神経を使いました。

法隆寺のは赤いものだけですが、組紐・組物学会の展示会に出品することにしたので、白い方も追加で作りました。初めての大作で、次々と課題が持ち上がり、その度にいろんな方々のアドバイスを受けて、何とか克服することができました。そして、最終的には、ただひたすら間違えないようにと無心で組みました。いい経験でした。

思いがけなく、組紐・組物学会から優秀賞を頂き、感激しています。これからも頑張れということだと思います。


The original Bansuishokus of Horyuji temple are kept at Sannomaru Shozokan Museum in Tokyo.  They are made of hard twist silk yarn, and measure 5.5 cm in width and the longest one is 135 cm long.  The both ends are decorated with V-shaped metal ornaments, giving the braids impressive look.


As I am not trained enough to deal with silk yarns, I used cotton knitting yarns.  The finished works are 4.5 cm wide and the red one is 84 cm and the white one is 90 cm long.  I started braiding from the middle in length towards the ends using 56 Kutes.  As a solo braider, 90 cm is the longest I can manage. 

I used "Study of Archaic Braiding Techniques in Japan" pp. 108-110 by Masako Kinoshita as reference.



It was not easy to handle 56 Kutes.  I hand-made a set of resting arms so that a half of the 56 Kutes could rest while I braid the other half, which helped me a lot.


After a lot of struggle, challenge, and importantly a lot of advice from my seniors, I somehow managed to finish the two braids.



The Horyuji originals are the red version only, but because I decided to submit my work to the exhibition of Japan Kumihimo Society, I added the white version.  They have rewarded me with the second best prize.  I am deeply moved and thankful to everyone who helped me.





2017年5月13日土曜日

真田紐の持ち手 Bag with Sanadahimo handles

真田紐でバッグの持ち手といえば、昨年6月に作ったバッグがあるのでアップします。本体は黄色い博多帯の生地に、底はカーテン屋さんへ行った時に端切がどれも100円で山積みしていた中からいくつか買ったものの一つです。遮光カーテンです。持ち手には真田紐を組みました。紐だけでも良かったのですが、遮光カーテンで作った紐を重ねています。


Speaking of a bag with Sanadahimo handles, I made a bag last June.  The body is made of Hakata-obi material and the bottom part is made of a material which I bought at a curtain shop.  They had a pile of odd size curtain materials for 100 yen each.  This one is a block-out drape.  The handles are Sanadahimo.  Sanadahimo alone were good enough, but I backed them up with the block-out drape material.

2017年5月4日木曜日

真田紐で母とコラボ Sanadahimo for Mother's bag




母が帯地でバッグを作るというので、色を合わせて真田紐を組みました。


真田紐はしっかりしていて、バッグの持ち手に重宝します。

伝統的な真田紐は横糸を一方から入れるそうです。

私は双方から横糸を入れる方法を習いました。

初心者としては、双方から入れて両手で引っ張ると、しっかりと均一に引き締まるので、こちらの方法がやりやすいです。

一方から入れる方法も習ってみたいです。

My mother said she would make a bag with an obi material.  So I made a Sanadahimo belt to match her rose color bag.  Sanadahimo is strong and ideal for a bag belt.  The traditional way is to insert the weft one way, but I learned to do so from both sides, which is easier for me as a beginner because I can tighten the warp threads by pulling the two wefts with both hands.  But I am also interested in doing it one way.


2017年3月21日火曜日

ループ組紐でアルファベット  Alphabets with Loop Braids

ループ組紐でアルファベットが書けるという本をお借りしました。         

"European Loop Braiding - Investigations and Results"
Noémi Speiser & Joy Boutrup

IからIVまであるそうで、私が借りたのはIIでした。
ヨーロッパに残るループ組紐のテキスト数冊を比較研究した本です。現存するテキストのいずれにも実際の組み方は説明されていなくて、ただ各文字の色の変え方を表にしたり、テキストで説明したものがあるだけで、著者らはそれらを読み合わせて、独自に組み方を推測し、提案しています。

基本的に、明色と暗色の2色使いで、Spanish Braid と呼ばれる組み方をしています。
やり始めると、楽しくて、止められません。まだすべての文字を試していませんが、すべてを間違いなしに完成させるのは、なかなか大変で、集中力が必要です。

上の黒地に藤色の文字が10ループ、下の紺地に空色文字が14ループです。
14ループをひとりで操作するのは大変です。クテを使いました。クテの良いところは、ループを休ませておくことができるので、たくさんのループを操作できることです。


A friend of mine lent me a book called "European Loop Braiding - Investigations and Results"  by Noémi Speiser & Joy Boutrup.  The book introduces how to braid alphabets!  It is a 4-volume series and the one I read was Part 2.  The authors studied several old manuscripts and compared them trying to reproduce alphabets.  Oddly enough none of the existent manuscripts explains how to braid, but they only show how to change colors to produce alphabets.  After studying the explanations and charts, the authors make suggestions about how to braid.  
Basically it is Spanish Braiding using two colors, dark and light.  Once you start braiding, it is hard to stop because you want to see what the next letter looks like.  I have not tried all the letters yet.  I will have to concentrate enough to complete all the letters without mistake.
The top one with lilac letters on black background is made with 10 loops and the bottom one with light blue letters on dark blue background is with 14 loops.  You need a bit of experience to handle 14 loops with 10 fingers.  I used Kute for the 14-loop.  One of the good things about Kute is that you can lay down loops while working with other ones and consequently you can work with a number of loops comfortably.


2017年2月6日月曜日

特別な道具を使わずに組紐を作ります。Kumihimo making without using special tools




組紐は、世界中で昔から作られてきました。日本では現在は着物の帯締めを、丸台などを使って組むのが主流ですが、丸台ができる前は、指で操作して作っていたそうです。こうしたことを学びながら、様々な組紐を作っています。

この紐は、昨年夏に取り組んだ「厳島組」です。平清盛が厳島神社に奉納した33巻のお経の巻緒の組み方です。かなり苦労して組みましたが、できあがってみると、とても綺麗で、これ以来かなり熱を入れて組んでいます。

これから、動画も交えながら、組み方の説明や、組紐について学んだことを紹介していきたいと思います。

Kumihimo has been made all over the world since ancient times.  In Japan kumihimo is mainly used for Obijime for Kimono using Marudai.  Before Marudai, people made kumihimo using fingers, I heard.  I am fascinated by the history of Kumihimo and try different types of Kumihimo.

The picture above is Itsukushima-gumi that I made last summer.  The technique is used for making scroll braids attached to the 33 Buddhist scrolls dedicated to Itsukushima Shrine by Kiyomori Taira in the 12th century.  The technique is not easy, but when it is finished, it is worth the trouble.  Since then I am deeply involved in Kumihimo.

In this blog, I plan to introduce how to make different Kumihimo and what I learn about Kumihimo, occasionally using videos.